実店舗営業時間 10:00〜18:30


 

トップ > 吉村秀雄商店|岩出市 > 車坂 吟醸酒 > 車坂 魚に合う吟醸酒 720ml

車坂 魚に合う吟醸酒 720ml

車坂 魚に合う吟醸酒 720ml 車坂 魚に合う吟醸酒 720ml
車坂 魚に合う吟醸酒 720ml 車坂 魚に合う吟醸酒 720ml
拡大画像
商品コード sakananiau720
価格 (税込)
製造元 : 吉村秀雄商店
価格 : 円 (税込)
数量    在庫あり
 

和歌山県岩出市

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
麹米に岡山県産山田錦、掛米に長野県産美山錦を使用しました。

穏やかな吟醸香と米の旨みのバランスが絶妙です。
存分にお楽しみいただける味わいに仕上がっています。

おすすめのお料理は、トロ刺身、まぐろ漬け、白子ポン酢、カツオたたき、アサリの酒蒸しなどです。

全国に食中酒と銘打った酒が溢れています。しかし、香り系のお酒に比べあまり売れません。
それは、お客様が食中酒という曖昧な表現に魅力を感じず、どんな料理と合うのかも具体的にイメージできないからです。

そんな折りに、地元の寿司屋さんより寿司に合う酒を依頼されました。
そこで、曖昧な提案ではなく、思い切って紀ノ川や熊野川の清流、紀伊水道や黒潮の海原で獲れた魚に合うお酒を提案したいと考えました。(蔵元談)

ラベルに書かれている魚の文字は、和歌山県の海と川でとれる魚の漢字を季節に合わせて書いております。
和歌山でとれる旬に合わせて書いています。(特徴的なのは冬の秋刀魚)

珍しい魚も多く、釣り好きだけに限らず、多くの人の好奇心をくすぐるラベルに仕上がりました。
ラベルに書かれた魚を食べる際に、「この魚に合うんだよ!」「この魚を知ってるかい?」「今が旬なんだよ!」といった会話が広がりますよ。

その名も【魚に合う吟醸酒!】
寿司には必須のお酒。
辛いだけのガリ、甘味料の変な甘さのあるガリ。
付けたような色、香りもなく、味がしないお茶。
寿司屋さんでこんな経験はありませんか?
合わせる日本酒にも同じ事が言えます。

車坂 魚に合う吟醸酒は「醤油のように魚に加える旨さを持ちながら、
ガリのように口をさっぱりとする後口」に仕上げております。
醤油、ガリ、お茶を超え、魚と合わせてその味わいを至極にする酒です。

※温度別の味わいについて、蔵元に聞いてみました。

■常温、軽快で甘みを連想させる香り。
まずは常温(15度前後)で。
吟醸生酒にしては上立香はほのかに香る程度、かすかに甘味を連想させる香りです。
飲み口は、始め軽い甘味があり、すぐに旨味と酸味(いずれも軽め)が加わってバランスをとり、
後半はほんの少し苦味を感じさせつつキレへと流れます。
味の余韻は軽く、スーッと消えるように感じました。
この温度でのバランスの良さは絶妙です。

■生酒は、ゆっくりお燗に。
生酒なのでゆっくりお燗をつけていただき、45度前後になったあたりでもうひと口。
上立香は、ややツンとしたアルコール由来の香りに、旨味を連想させる香りが加わります。
生酒をお燗した時の独特の香りは、ほとんど気になりませんでした。
アタックはたっぷりの旨味と控え目な甘味、その後は旨味と酸が中心の味わいになり、余韻もやや長めになりました。
旨口の燗酒といった味わいです。

■燗さましの30度あたりで味わう・・・。
自然に燗冷まし状態にして、およそ30度あたりで味わってみます。
香りは甘味旨味のバランスがとれ、まるい印象になりました。
味わいは、甘味が前半から中ほどに感じるようになり、全体を通してやや控えめになった旨味と、
後半にかけて徐々に強くなる酸味といった流れになりました。
余韻は45度の時よりもやや短めです。

吟醸生酒でも、ある程度熟成して甘味旨味と酸が感じられたら、お燗で味わってみて下さい。
冷やの味わいとは違った個性のお酒に変身するとともに、料理との相性の幅が広くなる可能性があります。

日本酒チャートA

商品規格データ
原料米名 麹米:兵庫県産山田錦
掛米:長野県産美山錦
精米歩合 58%
アルコール度
日本酒度
酸 度/アミノ酸度
使用酵母 1401号酵母
杜氏名 藤田晶子
補足説明
飲み頃温度 冷やして
保存方法 必ず、冷蔵庫で保管
化粧箱 なし
在庫 通常
発送 クール便(下記参照)
ギフト対応可否 可能(下記参照)
※酒質データは代表値であり、製造ロットにより変動する場合があります。
 

車坂 年間商品計画表(予定)

通 年 純米大吟醸生原酒(生)
純米吟醸和歌山山田錦(火入)
純米大吟醸三年熟成(火入)
魚に合う吟醸酒(生)
おふくろ純米酒(火入)
12月末〜 純米あらばしり(生生)
純米中取り(生生)
3月〜 純米吟醸中取り(生生)
純米大吟醸うすにごり(生生)
5月〜 出品酒生原酒(生生)
出品酒瓶火入れ(瓶貯)
出品酒斗瓶取り(瓶貯)
出品酒雫取り(瓶貯)
7月〜 涼の純米酒(生生)
純吟夏にごり
9月〜 純吟秋あがり(生詰)
※造りの状況やお酒の状態により変更される場合があります。
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません